CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
技術スタッフを募集します。

事業の拡張に伴い、技術スタッフを募集します。

サスペンションの分解、洗浄、組み上げの一連の作業を体得していただき、将来的にはサスペンションチューニングのノウハウを身に付けるまでご指導いたします。年齢は18歳くらいから45歳くらいまで。自宅から通勤できる方で、メカニックの経験のある方が望ましいですが、未経験の方でもやる気のある方であれば問題ありません。

再就職をお考えのベテランから、若い方。女性の方でもOKです。スペシャリストへの人生にチャレンジしてみませんか?

履歴書をご用意してお電話でご連絡下さい。面接の日程を決めさせていただきます。

有限会社スクーデリアオクムラ 電話:052−902−3095 担当:奥村

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ

| - | 10:23 | - | - |
CBR600RR(2013model)前後サスペンションのMEチタンコートチューニングによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークと、SHOWA製モノリヤショックです。

スクーデリアオクムラで扱っておりますフロントフォーク・インナーパイプやリヤショック・ダンパーロッドに施されるMEチタンコーティングは、ゴールド/ネイビー(ブラックに限りなく近い)/ブラウンと、ブルーレインボー/グリーンレインボー/ピンクレインボーの6色です。(リヤショック・ダンパーロッドは、ゴールドとネイビーのみ)見た目にも美しく、魅力的なチューニングメニューですが、本来の目的はフロントフォーク、リヤショックのいずれも「作動フリクションの低減」です。サスペンションの作動に伴って、インナーパイプやダンパーロッドは、支えているメタルと擦れ合っており、おのずとフリクションが発生しています。そこでクロームメッキの上にチタンコーティングを施すことで、面租度(表面の粗さ)を下げてスムースなサスペンションの動きが得られます。また、表面硬度がクロームメッキの2倍ほどとなり、傷が付きにくいメリットもあります。錆に強いこともバイクのサスペンションにはありがたいことです。今回はCBR600RRの前後サスペンションにネイビー色のMEチタンコーティングをご依頼いただきました。もちろん、MEダンピングチューニングも併せて施工しています。かつてはワークスマシンにのみ採用されていたチタンコーティングを私たちも使えるようになっています。

 

フロントフォーク・インナーパイプに錆が発生しており、研磨では修正できないレベルでしたのでMEチタンコーティングを施す前段階でクロームメッキの再メッキ加工を施しました。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #HONDA #CBR600RR

 

| - | 10:08 | - | - |
KZ1000R2フロントフォークのMEダンピングチューニングによるセットアップ、リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ38正立フロントフォークと、OHLINS製ツインリヤショックです。

カワサキZ系モデルのサスペンションチューニングや、メンテナンスのご依頼を本当に多くいただいております。スクーデリアオクムラにサスペンションのことでご相談いただくお客さまは、バイクのハンドリングを良くしたい。もっとスムースに走らせたい。といったバイク本来の性能を高めたいという方ばかりです。それはZ系に限らず、どのジャンル、カテゴリーに限らずのことですが、旧車やハーレーダビッドソンなどのお客さまは、「仕方のないこと」とあきらめている方も多いようです。スーパースポーツモデルと同等のハンドリングとは言えないものの、正しい知識と経験でサスペンションに手を加えることで、それまでのストレスを解消する走りを手に入れることが可能なのです。

今回はノーマルの「フリーピストンタイプ」のフロントフォークに、スクーデリアオクムラオリジナルの「コントロールバルブ」を組み込み、適正なスプリングレートのMEスーパースポーツスプリングとの組み合わせでセットアップ。OHLINSはフルメンテナンスによってリ・フレッシュしてマシン全体のレベルを高めることができました。

 

こちらがスクーデリアオクムラオリジナルの「コントロールバルブ」の構成パーツです。「フリーピストンタイプ」のフロントフォークのダンピング特性を高めるためにノーマルのシリンダーとスプリングの間に積層式のバルブを組み込むことで、サスペンションオイルの流れをコントロールして、ギャップ吸収性を高めることで、接地感がつかみやすく、質感の高いサスペンションに仕上げることができます。オイルロックピースのテーパー角を変更することで、実有効ストロークを増やす工夫もしています。

 

こちらは別のお客さまから、Z1000J用ワークスパフォーマンスリヤショックのフルメンテナンスをご依頼です。このショックユニットは11年前にフルメンテナンスを施しており2度目の施工になりますが、今回はフルメンテナンスの作業に加えて、ブラダの交換やマウントブッシュの交換、スプリングの粉体塗装(パウダーコティング)など、レストア的な作業を併せて行いました。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #Kawasaki #KZ1000R2

| - | 10:09 | - | - |
KTM 790 DUKE(2018model)前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

WP製インナーパイプ径φ43倒立フロントフォークと、WP製モノリヤショックです。

モトクロスやエンデューロマシンをメインに展開していたKTMが、ロードマシンに進出する際にブランディングされた「DUKE」シリーズです。これまでのハイパワー単気筒エンジンを鋼管トレリスフレームに搭載していた手法から大きく異なり、新設計された不等間隔爆発の水冷並列2気筒799ccエンジンを、こちらも新設計のクロームモリブデン鋼ダイアモンドフレームに搭載。パワフルかつ、スムースで扱い易い、日常からスポーツライディングまで全てをカバーする1台に仕上がっています。

今回は日頃からワインディングでのスポーツライディングを楽しんでいる790DUKEのお客さまより、さらに高いハンドリング性能を求めて前後サスペンションのMEダンピングチューニングをご依頼いただきました。加えて可変レート採用のノーマルフロントフォークスプリングをシングルレート0.70kgf/mのMEスーパースポーツスプリングでセットアップ。ストロークを有効に使いつつ、レスポンスの良い仕様に仕上がっています。

 

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #KTM #790DUKE

 

| - | 10:21 | - | - |
Z900RS前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ41倒立フロントフォークと、KYB製モノリヤショックです。

ストライカーブランドで有名なカラーズインターナショナルさんとの共同開発によって、ノーマルサスペンションベースのサスペンションチューニングを進めてきたZ900RSですが、代表の新 辰朗さんにサーキットからワインディングまでしっかり乗り込んだ上で「OK」をいただいた「MEダンピングチューニング最終仕様」を全てのお客さまにご提供しています。

http://blog.scuderia-okumura.com/?eid=1303715

このサスペンションチューニングがお客さまからとても好評で、コンスタントにご注文をいただいております。お納めしたお客さまからはどなたさまからも高い評価をいただいており、ストライカー新社長本気のテストランのおかげと感謝しております。

今回はかなりのカスタムメイドされているZ900RS乗りのお客さまより、前後サスペンションのMEダンピングチューニングでのセットアップをご依頼いただきました。リヤショックのスプリングにオレンジ色のパウダーコーティング(粉体塗装)を施してアクセント付けしています。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #Kawasaki #Z900RS

| - | 11:06 | - | - |
<< | 2/254PAGES | >>