RVF400前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークとSHOWA製モノリヤショックです。

メンテナンスやチューニングのご依頼がとても多いRVF400とVFR400。愛車をとても大切にしているお客さまが多いモデルでもあります。

V型4気筒16バルブ、カムギアトレインのエンジンを目の字断面アルミフレームに搭載した最後のレーサーレプリカマシン。将来これだけのコストの掛かったモデルが販売されることはあり得ないでしょう。発売からすでに24年経ったRVFをベストな状態に保つために心を込めて手伝いさせていただきます。

 

| - | 17:36 | - | - |
KTM500EXC−F前後サスペンションのMEダンピングチューニング+ローダウン加工が完了いたしました。

WP製インナーパイプ径φ48倒立フロントフォークとWPモノリヤショックです。

現在のKTMエンデューロマシンの最大排気量モデルとなります。

前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップに加えて、お客さまのご要望でフロントフォークで40mm、リヤショックで20mmのローダウン加工を施しました。

 

 

 

 

| - | 18:41 | - | - |
NSR250R(1989model)のサスペンションチューニングが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41正立フロントフォークと、PENSKE RACING SHOCKS 8983リモートです。

現在、2サイクルレーサーレプリカの人気は非常に高く、購入するとなるとかなり高価なものとなっています。やっとの思いで手に入れたマシンをさらにレストアやチューニングして楽しむお客さまも多くいらっしゃいます。ホンダもそのようなお客さまに向けて限られているものの、パーツの再販を行っていると聞いています。

今回はフロントフォークにMEインナーキットを組み込んでのセットアップに加えて、インナーパイプにMEチタンコーティング(ゴールド)、アウターパイプにMEカシマコーティングを施して、レースマシンレベルのフロントフォークを造りました。インナーパイプは錆がありましたので、クロームメッキの再メッキ加工を施してからMEチタンコーティングを施工しました。

リヤショックには新たにPENSKE RACING SHOCKS 8983を製作。スクーデリアオクムラとしてご提供できる最高のサスペンション、ハンドリングに仕上げることができました。お客さまにもご満足いただいて私たちスタッフもうれしい限りです。

 

 

 

ノーマルの「フリーピストンタイプ」から「カートリッジタイプ」に組み替える「MEインナーキット」でのセットアップです。

 

 

アウターパイプにはMEカシマコーティング。アウターパイプの内面にもフリクションの少ないカシマコートでのコーティングを施すことで、接触しているインナーパイプ側のメタルとの摺動抵抗が大幅に低減します。

 

インナーパイプ表面のさびがかなり進行しており、再メッキ加工を施して表面を整えてからからゴールド色のMEチタンコーティングを施工しました。

| - | 15:48 | - | - |
bimota HB3フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

フォルセライタリア インナーパイプ径φ40正立フロントフォークです。

bimotaは、ヴァレリオ・ビアンキ(Valerio Bianchi)、ジュゼッペ・モーリ(Giuseppe Morri)、マッシモタンブリーニ(Massimo Tamburini)の3人によって、当初は空調設備の会社として1966年イタリア・リミニにて設立されました。会社名の由来は、3人の姓の綴りから最初の2文字ずつを組み合わせたもの(BI-MO-TA)とのことです。オートバイマニアであったタンブリーニの趣味がきっかけで、会社の事業としてもオートバイに関わるようになり、1973年にはフレームビルダーとしての業務が本格化したそうです。

HB3は前身のHB2のフレームにCB1100Fのエンジンを搭載したモデルで1983年から1985年に製造されました。

今回はオリジナルのフォルセライタリア製フロントフォークのフルメンテナンスをお任せいただきました。

| - | 14:56 | - | - |
Triumph DAYTONA675(2014model)フロントフォークのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークです。

ジムカーナ競技に参加されているお客さまよりご依頼いただきました。

ジムカーナをされているお客さまは、サスペンションに対する要求を明確に持っている方が多く、特にチューニング前の打ち合わせが重要となります。ライダーが必要としているサスペンションの動きを生み出すことが私たちの仕事。ご満足いただけるようできる限りのことをさせていただきます。

 

| - | 15:51 | - | - |
<< | 2/185PAGES | >>