CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
<< QUANTUM(クアンタム)リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。 | main | ハーレーダビッドソンFLTRUSE(2015model)フロントフォークのMEインナーキットの組み込み、リヤショックのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。 >>
スクーデリアオクムラは本日、第30期を迎えました。

有限会社スクーデリアオクムラが法人として登記したのが1990年4月13日。29歳の時でした。

2月末を決算期としましたので、本日3月1日より第30期の業務開始です。1989年まで所属していたHRC(ホンダレーシングコーポレーション)から来期の契約はないことを告げられましたが、その後HRCと本田技研本社からのご支援をいただけることになり、私自身が全日本ロードレースを走るためのプライベートチームを結成しました。そこが有限会社スクーデリアオクムラの原点となります。ロードレースの本場、グランプリ。ヨーロッパ。特に当時あこがれていたイタリアに行きたい。という気持ちを込めて、イタリア語「スクーデリア」を社名に入れました。(馬小屋や厩舎を意味する単語)「チームオクムラ」を表現しています。結成後1年でレーサーとしては力及ばず、引退することになりますが、その後3年間をプロフェッショナルなレーシングチームの運営をして、全日本ロードレース、鈴鹿8耐に参戦しました。1992年のフレディ・スペンサーを擁しての鈴鹿8耐での4位入賞は忘れることのできない大切な思い出です。

1994年より現在の「サスペンションのスクーデリアオクムラ」としての業務を始めました。当初は市販レーサー、RSやTZ、F3マシンのやNSR250やTZR250などのサスペンションをメインに手掛けていましたが、まもなく一般市販車のサスペンションチューニングに進出して現在に至ります。当時、国内ではほとんど存在のなかった「サスペンションチューニングショップ」を生業にすることに不安もありましたが、「オートバイ以外に何も知らなかった。」ことはとても大きな武器になったように思います。34歳で始めたサスペンションの仕事は今年で26年目となります。ここまでやって来られたことは、お客さま、ショップさま、お取引先さま、現在のスタッフ、過去のスタッフ、友人、家族をはじめとするこれまでに関わりのあった全ての皆さまのおかげです。本当に感謝しております。

これからも皆さまにとって必要な存在でい続けられますよう一層の努力をして参ります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

                             有限会社スクーデリアオクムラ代表  奥村 裕


#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF

| - | 10:39 | - | - |