<< GSX−R1000R(2017model)前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。 | main | CBR1000RR(2006model)前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。 >>
BMW R1200S(2017model)前後サスペンションのフルメンテナンス&ローダウン加工が完了いたしました。

OHLINSモノフロントショックと、OHLINS製モノリヤショックです。

BMWはどのモデルもエンジン特性、ハンドリング共にとても扱いやすく、走らせることに最もストレスの少ない完成度の高いバイクです。疲れにくいことでも定評があり、ロングツーリングではダントツの高評価を得ています。スポーツライディングに於いても驚くほど高いパフォーマンスで、サーキットランでも充分に「速さ」を発揮することができます。

多くのユーザーに高い支持を集めているものの、唯一、不満の対象になる点が「シート高の高さ」です。欧米人の体格をメインに考えられていることがその要因ですが、「足着き性」を改善したいというお話しはよく聞きます。低めのシートの採用と共に、サスペンションに手を加えて「ローダウン」することも可能です。今回はOHLINS前後サスペンションの全長を短く加工してシート高で12mmほど低くすることができました。

二輪車にとって、「不安なく停車できること」これは走らせることに劣らず大切な要素だと思います。

 

 

 

サスペンション オーバーホール チューニング セッティング フロントフォーク リヤショック オイル漏れ バイク 

 

| - | 12:28 | - | - |