<< ZX6R(2005model)フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。 | main | ハーレーダビッドソン FLHTK(2017model)フロントフォークのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。 >>
ホンダウエルカムプラザ青山に行ってきました。

ホンダ本社に用があり、空いた時間にホンダウエルカムプラザ、ショウルームに行ってみました。

このショウルームはいろいろなテーマに添って展示車両を換えたり、イベントも盛んに開催されいて普通のクルマやバイクメーカーのショウルームとは少し異なった空間です。私も現役時間に優勝したマシンを展示していただいたり、鈴鹿8耐の解説をさせていただいたこともあってとても好きな場所でもあります。

この日はレーシングマシン新型NSX GT3が展示されていました。

NSX GT3は、ノーマルのNSXからハイブリッドシステムを取り除いた仕様となっていて、電気モーターによる4WDではなく、ミッドシップエンジンのリヤホイールドライブ、エンジンはノーマルのNSXとほぼ同様の3.5LV型6気筒。シリンダーブロックやヘッド、バルブトレイン、クランクシャフト、ピストン、ドライサンプもノーマルNSXと同じ物を使用しているとのことです。

新車価格は、46万5,000ユーロ、日本円にして、約6,000万円というお値段です。残念ながら個人での購入は不可とのでした。

 

 

カブのブースもきれいでかわいかったです。

世界生産累計台数1億台を達成し、今年で誕生60年となるそうです。

スーパーカブとクロスカブ。どちらも見てると欲しくなります。

交通規制や利便性を考えると110がいいかなぁ、と。

サスペンションをもう少ししっかりさせて、オリジナルのカラーリングにして・・・と。妄想は膨らみます。

ますます欲しくなってきました! クロスカブ110¥334,800−! 悩みますね。 

| - | 15:43 | - | - |