<< GSX−R1100(1993model)リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。 | main | Z1000(2006model) フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。 >>
XR250リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製モノショックです。

 

スクーデリアオクムラではロードバイクのみならず、オフロードバイクのサスペンションも手掛けています。

 

オンロード、オフロードバイクのいずれもメンテナンスを施さないまま乗り続けるとオイルの劣化、オイル通路へのスラッジの堆積、バルブシムやピストンバンドの劣化、オイルシール、Oリングの劣化などによって、本来のダンピング(減衰力)が効かなくなったり、オイル漏れの発生や、フリクションが大きくなるなどによって、フワフワ感やゴツゴツ、突き上げ感を感じるようになり、バイクそのものの性能から大きく外れてしまいます。見た目でオイル漏れが発生していなくても、ほとんど機能していないままのサスペンションで走り続けることは楽しくありませんね。

 

愛車のサスペンション、今一度見直してあげてはいかがですか?

 

 

| - | 10:50 | - | - |