Buell Lightning XB12Scg(2007model) 前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークとSHOWA製モノショックです。

 

Buellシリーズはスクーデリアオクムラにサスペンションフルメンテナンス、MEダンピングチューニングのご依頼が最も多いモデルだと言えます。それほど走りにこだわりをもったライダーが選択するバイクなのだと思います。

 

Buell XB12ScgはストリートをターゲットにしたLightningシリーズの中でもスポーツライディングを意識したストリートファイター。全てのBuellラインナップの中でも最も車高が低いこともこのモデルの特徴です。

 

2013年の10月にMEダンピングチューニングによってセットアップを施工したサスペンションが4年半振りにフルメンテナンスのためにスクーデリアオクムラに帰ってきました。完璧なリ・フレッシュしてオーナーさまのもとにお返しいたしました。


 

 

| - | 11:42 | - | - |
Z1000(2006model) フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークです。

 

スーパースポーツモデルのエンジンを搭載したネイキッドバイクという新しいジャンルの「ストリートスポーツ」として2003年に発売されました。

Z1000はサスペンションフルメンテナンス、MEダンピングチューニングのご依頼が多いモデルです。

今回はフロントフォークのフルメンテナンスをご依頼いただきました。

スクーデリアオクムラではオイルシール、ダストシールのみならず、スライドメタル、メタルブッシュも交換する「フルメンテナンス」のメニューによってフロントフォークを新品の状態を上回るクオリティで組み上げてお客さまのもとにお届けしています。

 

 

| - | 10:36 | - | - |
XR250リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製モノショックです。

 

スクーデリアオクムラではロードバイクのみならず、オフロードバイクのサスペンションも手掛けています。

 

オンロード、オフロードバイクのいずれもメンテナンスを施さないまま乗り続けるとオイルの劣化、オイル通路へのスラッジの堆積、バルブシムやピストンバンドの劣化、オイルシール、Oリングの劣化などによって、本来のダンピング(減衰力)が効かなくなったり、オイル漏れの発生や、フリクションが大きくなるなどによって、フワフワ感やゴツゴツ、突き上げ感を感じるようになり、バイクそのものの性能から大きく外れてしまいます。見た目でオイル漏れが発生していなくても、ほとんど機能していないままのサスペンションで走り続けることは楽しくありませんね。

 

愛車のサスペンション、今一度見直してあげてはいかがですか?

 

 

| - | 10:50 | - | - |
GSX−R1100(1993model)リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

OHLINS製モノショックです。

GSX−R1100のサスペンションは、前後共にとても作業ご依頼の多いモデルです。

今回はOHLINSリヤショックのフルメンテナンスご依頼をいただきました。

かなり乗り込んだショックユニットということもあり、ダンパーロッドに錆があり研磨修正できないレベルでしたので、再メッキ加工によって再生しました。高品質の再メッキ加工は新品のパーツを上回るクオリティ。バンプラバーとマウントシール(上側)も痛んでいたので新品のパーツに交換して組み上げました。これでOHLINSサスペンションの本来の性能が蘇りました。

 

 

これが再メッキ加工を施す前のダンパーロッド。錆びによってクロームメッキを侵食しています。この錆がオイルシールに傷を付けてオイル漏れの原因になっていました。

 

 

| - | 10:42 | - | - |
KTM125DUKE 前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

WP製インナーパイプ径φ43倒立フロントフォークとWP製モノショックです。

水冷4サイクルDOHC4バルブ125ccエンジンを搭載したプレミアムライトウエイトスポーツモデルです。

DUKEシリーズ、125、250、390で基本的にフレームが共通ということからフレームの剛性は充分あり、125ccのエンジンパワーをしっかり使い切りながらスポーツライディングを楽しむことのできる希少な1台ですが、そのためにはサスペンションのセットアップが必要不可欠なこと。お客さまがこのWPサスペンションのアジャスト機構でいろいろなセッティングを試されたものの落ち着いたハンドリングに到達することができず、12月の「サスペンションセッティング相談会」にお越し下さり、前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットップをご依頼いただきました。

 

存分に楽しめるDUKEに仕上げることができました。

 


 

| - | 11:41 | - | - |
| 1/172PAGES | >>